レストラン ユっぴー

創業24年目シェフが作る気取らない洋食

 

 

レストランユっぴーは今年の12月8日で

 

開店から25年目となります。

 

当店のシェフは、

昭和15年、北見の食堂を営む家で産声をあげました。

子供の頃から食べる事が大好きで、

少年時代は家業の手伝いのため、

アイスクリームを売り、親のため食堂を手伝う日々でした。

 

その後、札幌グランドホテルに入社。

調理師になるため、がむしゃらに勉強しました。

 

そして、真の洋食を学ぶため、言葉も何もわからないまま

たった一人でヨーロッパへ渡りました。

 

最初に入った国はスイスです。

ホテルの面接をパスし、スイスの五つ星ホテル 

ベルビューパレスに入る事ができました。

 

右も左もわからない。看板も読めず、トイレも間違えて一苦労。

 

毎日、身を削るような思いで、懸命に言葉を覚え、料理を学びました。

 

その後、イギリス女王も通ったグロブナーハウスホテル、

カリビアンクルーズで有名な豪華客船等、

世界で、そして日本で、

命懸けで、一生懸命修業を積んで参りました。

その当時は1$365円。

日本人はまだまだ世界で認められにくい時代でした。

お金持ちのおぼっちゃまでもなく、会社の後ろ盾も何も無い。

たった一人の海外修業。

しかも、稼いできた大金のほとんどは、味を、サービスを学ぶために

海外の有名レストランや、五つ星ホテルで

食べて食べて食べまくって使い果たしてしまいました…。

 

すべてを、脳に舌に腕に刻み込んで…

身一つで帰ってきました。

 

現在76歳のシェフ。 

 

世界中で出会った人々。

大切な友達や、先輩方、後輩の皆様。

常連さんやたくさんのお客様。

愛すべきスタッフのみんな。

たくさんの人々のやさしさ。愛情に助けられながら、

見守られながらここまで来ました。

 

 いつまで現役で働けるかわかりませんが、

朝から、晩まで、

今日も、只々つくります!

ユっぴーのシェフの味を好きな方がいらっしゃる限り。。

 

ご来店下さったお客様が

楽しいひと時を過ごして頂けるよう、今後も精進して参ります

 

 

どうか本日のご来店が、皆様にとって心地よいひとときとなりますように。